東京五輪で初採用された自転車BMXフリースタイル・パークで、五輪男子代表の中村輪夢(ウイングアーク1st)が14日、京都向日町競輪場に国内トップ選手を集めたマイナビ・ジャパンカップのエリートクラス決勝で93・67点をマークして貫禄勝ちし、今季最終戦を飾った。

 女子は9月の全日本選手権で2位だった五輪代表の大池水杜(ビザビ)が68・33点で優勝した。全日本選手権を制した15歳の内藤寧々(第一学院高)は62・33点で2位。