日本野球機構(NPB)は14日、フリーエージェント(FA)有資格者として、巨人の菅野智之投手や楽天の田中将大投手、ソフトバンクの千賀滉大投手と柳田悠岐外野手ら97選手を公示した。

 国内FAの資格を新たに得たのは、千賀、田中将の他に阪神の梅野隆太郎捕手、広島の大瀬良大地投手、日本ハムの近藤健介外野手、DeNAの山崎康晃投手らで計23人だった。

 海外FAは菅野、柳田の他、ヤクルトの山田哲人内野手、広島の菊池涼介内野手らが資格を取得。FA権行使からの再取得となった楽天の岸孝之投手、DeNAの大和内野手を含め、計11人が新たに条件を満たした。