フィギュアスケートのオーストリア杯は13日、グラーツで行われ、女子でショートプログラム(SP)首位の樋口新葉(明大)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などで2度転倒したフリーで4位の109・70点にとどまったが、合計189・43点で優勝した。川畑和愛(早大)は9位。

 男子で本田ルーカス剛史(木下アカデミー)は225・89点で2位となり、三宅星南(関大)は7位だった。(共同)