鹿児島県は14日、出水市の養鶏場で鳥インフルエンザの新たな疑い例が発生したと発表した。陽性が確定すれば、九州で今季2例目。国内では、秋田県の養鶏場で初の感染例が発生している。

 鹿児島県によると、新たな疑い例が出た養鶏場では、採卵鶏約1万1千羽を飼育している。

 一方、九州で今季初の感染が発生した出水市の別の養鶏場では14日、飼育していた採卵鶏約3万8500羽の殺処分が終了した。この養鶏場では12日午前に鶏が複数死んでいるのが見つかり、翌13日、遺伝子検査で高病原性と判明。国がウイルスの確定検査を進めている。