【ワシントン、北京共同】ブリンケン米国務長官が米東部時間12日の米中外相電話会談で王毅国務委員兼外相に対し、中国が台湾に軍事、経済、外交的な圧力をかけていると懸念を表明した。国務省が13日発表した。中国外務省によると、王氏は台湾を巡る米側の動きをけん制し、応酬となった。

 両氏は日本時間16日に予定するバイデン米大統領と中国の習近平国家主席のオンライン首脳会談に向け地ならしした。ブリンケン氏は首脳会談が両国間の競争を責任を持って管理し、利害の共通する分野では協力する機会になると指摘した。台湾情勢は主要議題になるとみられる。