【カイロ共同】スーダンの首都ハルツームなどで13日、軍のクーデターに抗議するデモ隊が治安部隊と衝突した。地元の医師団体によると、部隊は排除のために実弾や催涙ガスを使い、デモ隊側の6人が死亡、多数が負傷した。デモ隊側は抗議継続を表明している。

 スーダンでは10月25日、軍がクーデターを起こし、2019年から行われてきた軍民共同統治の終了を宣言。今月11日に軍主導の新たな統治評議会を発足させ、議長に陸軍出身の最高実力者ブルハン氏が就任した。

 ブルハン氏は将来的な民政移管を約束しているが、新たな統治評議会には民主化勢力が含まれなかった。