【マスカット共同】サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組で7大会連続の本大会出場を狙う日本代表は13日、敵地でのオマーン戦へ向けてマスカットで調整した。16日(日本時間17日未明)の一戦が年内最後の試合となる。

 冨安(アーセナル)南野(リバプール)らがパス回しで体を動かし、別メニューが続いていた酒井(浦和)も加わった。

 日本は3勝2敗の勝ち点9でB組3位、オマーンは2勝1分け2敗の同7で4位につける。日本はホームで9月に0―1で敗れた雪辱を期す。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング28位の日本に対してオマーンは77位。