【グラスゴー共同】英国で開催されている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)は13日、成果文書の同日中の採択を目指し、会期を1日延長して最終調整を続けた。文書案は13日朝更新され、前回案に引き続き、世界の気温上昇について「1・5度に抑えるための努力を追求すると決意する」と記載した。

 焦点の石炭火力と化石燃料への補助金については、温室効果ガス排出削減対策が講じられていない石炭火力の「段階的廃止に向けた努力を加速させる」とし、前回の案と比べて表現を弱めた。日本など石炭火力を使う国の理解を得たい考え。