新型コロナウイルスのワクチン事業について、都道府県庁所在地の47市区のうち、43市区(91・5%)が11月末までに2回接種を「完了」することが13日、共同通信の調査で分かった。15日には3回目の追加接種の全容が決まる見込みで、12月の実施に向け、事業は新たな局面に移る。政府の集計(12日公表)では、少なくとも1回目を終えた人は9909万人(総人口の78・2%)で、1億人に迫る。2回終えた人も9458万人(同74・7%)となった。

 完了を巡って、政府は11月の早い時期という目標を掲げ、接種を促してきた。