女子テニスの年間成績上位8人、8組によるツアー最終戦のWTAファイナルは12日、メキシコのグアダラハラで1次リーグが行われ、ダブルスで青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組がニコル・メリチャー(米国)デミ・シュールス(オランダ)組を6―4、7―6で下して2連勝とし、1試合を残して準決勝進出が決まった。

 1次リーグはシングルスは4人、ダブルスは4ペアずつ2組に分かれて総当たりで争われ、各組上位2選手と2ペアが準決勝に進む。(共同)