沖縄県の海岸で保護され、後に死んだ子ウミガメの体内から大量の軽石が見つかったことが13日、沖縄美ら島財団への取材で分かった。財団は小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火で発生し、漂流していた軽石を誤食したとみている。

 財団によると、絶滅危惧種のアオウミガメで死因は不明。北谷町の砂浜で11日に弱った状態で見つかり、沖縄美ら海水族館が保護。翌12日に死んだ。CTスキャンで腸などに大量の軽石があるのを確認した。

 同財団総合研究センター動物研究室の河津勲博士(生態学)は「小さなカメなので、腸管から排便として抜けなかったのではないか」と話した。