衆院選で落選した立憲民主党の辻元清美氏は13日の大阪府連会合で「力不足で厳しい結果になった」と述べ、府連代表を辞任する意向を表明した。今後の活動については「一党員として戦列に加わって頑張りたい」と述べるにとどめた。

 大阪の小選挙区で立民候補が全敗した結果に関して「維新の突風のような風が吹いたことと、党の立ち位置や主張が明確ではなかったという自分たちの問題の両方がある」と会合後、記者団に語った。