林芳正外相は13日、ブリンケン米国務長官と初の電話会談を行った。両氏は日米同盟の強化と「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて連携する方針で一致。沖縄県・尖閣諸島が米国の防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象だと確認し、台湾海峡の平和と安定が重要だとの認識を共有した。

 外務・防衛担当閣僚による次回の日米安全保障協議委員会(2プラス2)を、できるだけ早い時期に開催する方針で一致。岸田文雄首相による初の訪米と、バイデン大統領との首脳会談が早期に実現するよう調整することも申し合わせた。

 林氏が就任後、他国の外相と対話を行うのは初めて。