【ニューヨーク共同】米大リーグは12日、今季の最優秀守備選手を発表し、ナ・リーグはカージナルスの三塁手アレナドがロッキーズ時代を含め5年連続5度目の受賞を果たした。同僚の捕手モリーナを抜き、単独最多。ア・リーグはアストロズの遊撃手コレアが初めて選ばれた。

 アレナドは今季、三塁で155試合に出場して11失策、守備率9割7分4厘。コレアは148試合で11失策、守備率9割8分1厘だった。

 最優秀守備チームはナ・リーグがアレナドら5人がゴールドグラブ賞に輝いたカージナルス、ア・リーグはアストロズが選出された。