【ニューヨーク共同】12日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比179・08ドル高の3万6100・31ドルで取引を終えた。前日まで3日連続で下落していたことから、割安感が出た銘柄を中心に買いが入った。

 米長期金利の上昇が一服したことを受けて、IT関連銘柄の一部に買いが入ったことも相場を押し上げた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、156・68ポイント高の1万5860・96。

 個別銘柄では、会社分割を発表した医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソンが買われたほか化学・事務用品の3M(スリーエム)、ITのアップルも上昇した。