さいたま市大宮区の知る人ぞ知るスポットをキーホルダーに仕立てたカプセル玩具「大宮ガチャ」が人気だ。観光名所ではない“どローカル”な品ぞろえが話題で、3月の販売開始から約3万個を売り上げる謎のヒットを記録。企画した会社の社長は「あえて地元の人にしか分からないグッズを作り、明るい話題を届けたかった」と語る。

 キーホルダーは、かつての大宮の象徴で4年前に閉店した「中央デパート」のロゴ、24時間営業で知られる老舗喫茶店「伯爵邸」の看板など計24種類。住民も忘れかけているという旧大宮市のマスコット「こりすのトトちゃん」も登場する。