東京大のチームが、膨大な計算を瞬時にこなす量子コンピューターを最小限の装置で作るのに必要な回路を開発したと、12日付の米科学誌電子版に発表した。回路は量子コンピューターの心臓部に当たり、今回のものはさまざまな種類の計算を一つの回路で実行できる効率の良さが特長。実用化に向けた一歩となる。

 チームの武田俊太郎准教授(量子光学)は「原理的には、一つの回路で複数の計算を何回も繰り返し実行できる。万能で汎用性がある量子コンピューターの実現につなげたい」と話した。