日本や米国、中国、台湾など21カ国・地域でつくるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議は12日、首脳宣言を採択して閉幕した。オンライン形式で開かれた会議では、中国の習近平国家主席が地域経済の一体化の重要性を訴え、環太平洋連携協定(TPP)の加盟実現に意欲を見せた。新華社が伝えた。一方、岸田文雄首相はTPPに関し、高いルール水準を維持し「自由で公正な経済秩序の構築に貢献する」と強調した。

 習氏は「デカップリング(切り離し)ではなく融合しなければならない」とも主張し、TPPを含む地域連携から中国を排除しないよう訴えた。