九回表を2―2の同点で終え、規定により引き分けた。ヤクルトは0―1の七回に安打と2四球で2死満塁とし、青木が2点適時打。先発の原が序盤の負傷で降板した後は金久保や石山らが奮起。追い付かれて迎えた九回はマクガフが三者凡退に抑えた。

 巨人はメルセデスが6回1安打無失点と好投。中盤に追加点を奪えなかったことが響いた。