愛媛県は12日、国が承認していない原料を使って医薬品を製造したなどとして、医薬品医療機器法に基づき、松山市の製薬会社「松田薬品工業」に業務停止と業務改善を命じた。業務停止は15日から最長で65日間。

 県によると、2016年3月以降に製造の風邪薬など15製品で違反を確認。過去の経営陣には違反を指示していた人もいたという。

 同社は必要と判断した製品を自主回収。これまでに県に健康被害の報告はない。同社は「責任を重く受け止めている。処分内容を検討して今後の対応を考える」とコメントした。

 国からの指示で県が実施した7月14~15日の抜き打ち検査で、違反が分かった。