【グラスゴー共同】国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の文書草案が12日更新され、「温室効果ガス排出削減対策が講じられていない石炭火力と化石燃料への非効率な補助金の段階的廃止を加速すること」が盛り込まれた。COP26は同日、会期末を迎えた。議長国の英国は文書の採択を目指し、各国と調整を進める。前回の草案に続き、廃止の方針自体は維持した。

 英国は、段階的廃止の対象は「排出削減対策が講じられていない石炭火力」との条件を加えて表現を弱めることで、日本など石炭火力を使う国の理解を得たい考えだ。