【モスクワ共同】ベラルーシ西部のポーランド国境で欧州連合(EU)入域を図る中東出身の難民数千人が足止めされている問題で、ベラルーシのルイバコフ国連大使は周辺国が国境の軍備を強化していると指摘、「悲劇的結果になりかねない」と強い危機感を表明した。ロシア通信が12日報じた。

 タス通信によるとポーランドのドゥダ大統領は11日、国境の警備は「いかなる状況にも対処できる最高のレベルにある」と表明。両国間の軍事的緊張が高まっている。

 現地報道によると難民が集まる場所には赤十字などが水や食料を供給。ポーランド警察は「巨大な難民キャンプが建設されつつある」と指摘した。