広島がドラフト1位で指名した関学大の黒原拓未投手(21)=173センチ、77キロ、左投げ左打ち=の入団が12日、決まった。兵庫県尼崎市内のホテルで交渉し、契約金1億円、年俸1500万円で合意した。「新人王のタイトルを目指して、必死に頑張りたい」と決意を新たにした。

 150キロを超える速球が持ち味。担当の鞘師智也スカウトは「大野さんのようになってほしい」と、広島一筋で通算148勝、138セーブを挙げた名投手の大野豊さんを引き合いに活躍を期待し、黒原も「一つ一つ課題をつぶして、いつかは肩を並べられるようになりたい」と意気込んだ。(金額は推定)