西武は12日、ザック・ニール投手(33)、リード・ギャレット投手(28)、マット・ダーモディ投手(31)、コーリー・スパンジェンバーグ内野手(30)の外国人4選手と来季の契約を結ばないと発表した。

 来日3年目のニールは今季11試合に登板して1勝6敗、防御率5・85。2年目のギャレットは今季61試合で4勝3敗2セーブ、防御率3・77。1年目のダーモディは11試合で0勝2敗、防御率5・13だった。2年目のスパンジェンバーグは61試合に出場して打率2割3分2厘、7本塁打にとどまった。