12日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=114円台前半で取引された。

 午前10時現在は前日比17銭円安ドル高の1ドル=114円24~25銭。ユーロは01銭円高ユーロ安の1ユーロ=130円72~76銭。

 前日の米債券市場が祝日で休場だったため、目新しい売買材料に乏しく、朝方は積極的な取引が手控えられた。その後は、日経平均株価の大幅高で投資家心理が改善し、相対的に低リスク通貨とされる円を売る動きが出た。