政府は12日、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、自宅で使える飲み薬を計約160万人分確保する「第6波」対策の「全体像」を決定した。医療提供体制は、今夏のピーク時と比べて3割増の入院患者を受け入れられるようにする。「第5波」では症状が悪化しても入院できずに亡くなるケースが相次いだことを教訓に、感染者の重症化と病床逼迫の防止を重視した。

 全体像は年内実用化を目指している飲み薬について「安心して暮らすための切り札」と強調。政府は既に米製薬大手メルクなどが開発中の「モルヌピラビル」に関し、薬事承認を前提に同社と計160万人分の供給で合意している。