【カールズバッド(米カリフォルニア州)共同】米大リーグの球団幹部や代理人らが集まるゼネラルマネジャー(GM)会議が11日、カリフォルニア州カールズバッドで閉幕し、今オフにポスティングシステムを利用したメジャー挑戦が報じられているプロ野球広島の鈴木誠也外野手(27)に対する複数球団の関心がうかがえた。

 マリナーズのディポトGMは、鈴木について「素晴らしい選手というのは知っている」と話した。

 例年は12月のウインターミーティングで移籍市場が本格化する。だが、今年は新労使協定の交渉が難航するとの見通しがあり、例年に比べて移籍市場の動向が不透明になっている。