【ニューヨーク共同】11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比158・71ドル安の3万5921・23ドルで取引を終えた。米景気の重要指標などの新たな手掛かり材料が乏しかった中で、売りが優勢となった。

 娯楽・メディアのウォルト・ディズニーが動画配信サービスの成長鈍化が嫌気されて大幅に下落したことも、投資家心理を冷やした。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反発し、81・57ポイント高の1万5704・28。

 個別銘柄では他に、クレジットカードのビザや通信機器のシスコシステムズの下げが目立った。