【北京共同】中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第6回総会(6中総会)は11日、党創建100年を総括する「歴史決議」を採択して閉幕した。歴史決議は40年ぶり。習近平党総書記(国家主席)は建国の指導者、毛沢東や改革・開放政策を推進した故トウ小平氏と並ぶ地位を確立。来年開く第20回党大会での異例の3期目突入はほぼ確実な状況だ。

 党決議の形で歴史を総括した指導者は毛とトウ氏に続き3人目となる。習氏は続投を正当化するため、決議を通じ自らの権威を高める。習氏の後継候補を決める人事は行わないとみられている。