楽天グループが11日発表した2021年1~9月期連結決算は、純損益が922億円の赤字だった。同期間の赤字は3年連続で、赤字幅は前年の714億円から拡大した。主力のインターネット通販事業は好調だったものの、携帯電話事業の通信網の整備で費用が膨らんだことが響いた。

 携帯子会社の楽天モバイルは、来年春に自社回線の人口カバー率が96%に達する見通しだ。自社回線のエリア拡大に伴い、KDDIから回線を借りる地域を縮小している。楽天モバイルの山田善久社長はオンラインで開いた記者会見で、来年4~6月期以降は携帯事業の営業赤字が縮小に転じるとの見通しを示した。