岸田文雄首相は11日、米インド太平洋軍のアキリーノ司令官と官邸で会談した。日米同盟の一層の強化に向け、緊密に連携する方針を確認した。インド太平洋地域での中国による一方的な現状変更の試みに対し、深刻な懸念を共有した。

 首相は「自由で開かれたインド太平洋を実現し、地域や国際社会の安定のために協力したい」と述べた。アキリーノ氏は「日米同盟は非常に強固だ」と応じた。10月の北朝鮮によるミサイル発射を踏まえ、朝鮮半島情勢についても意見交換。在日米軍再編を着実に進める重要性を確認した。