日本維新の会の松井一郎代表は11日、27日の臨時党大会で代表選の実施を見送り自身の続投が決まれば、人事を刷新し大阪選出以外の議員からも役員に起用する考えを示した。現在は党設立に関わった大阪選出の古参が多いため、新陳代謝を図り「脱地域政党」をアピールする狙いだ。

 松井氏は大阪市役所で記者団に「全国の優秀な人材をいろんな形で(起用する)と思う」と述べた。一方で、党の基盤が弱い大阪以外の地域選出の議員は、初当選や当選回数が少ないことを踏まえ「大阪以外の方は限られてくる。実際には難しい」とも指摘した。