人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の2025年大阪・関西万博での実用化を目指すANAホールディングスなどは11日、ヘリコプターを使って騒音の有無を確かめる実証実験を大阪市で行った。空飛ぶ車の代わりにヘリを高層ビルの屋上に発着させて音を測定。高層ビルは都心の発着地点として有力視されているが、人口密集地域にあり影響を検証する。

 この日の実証実験ではヘリを関西空港から大阪市内の高層ビルまで飛行させた。発着時にビル屋上や屋内、地上などでの音を測定。今後、実際の空飛ぶ車の音データと比較し、騒音を検証する。