自民党安倍派の会長に就任した安倍晋三元首相は11日、党最大派閥として岸田政権を支援していく考えを示した。今後の派閥運営に関し「最大の政策グループだから、当然、岸田政権をしっかり支える背骨でありたい」と記者団に述べた。党是の憲法改正を巡っては、岸田文雄首相も意欲を持っていると言及。「安倍派が改憲の国民的な議論を進める原動力となりたい」と語り、改憲論議の進展に期待を示した。

 安倍派内の人材について「将来の首相候補が登場している。党や政府のさまざまな場で活躍し、能力を国民に示してほしい」とした。具体名は挙げなかった。