国民民主党の玉木雄一郎代表は11日の記者会見で、来年夏の参院選で全選挙区に候補者擁立を目指す方針を表明した。「(改選)複数区は基本的に全部立てる。1人区も立て、全ての選挙区で擁立することを原則に候補者の公募を開始したい」と述べた。未設置の県連の整備を急ぐ考えも示した。

 他の野党と小選挙区の候補者一本化を図った衆院選を振り返り「最初から調整ありきで、なかなか擁立が進まなかったのが反省点だ」と説明。「与党と1対1の構図にすれば勝てるというのは既に崩れている。有権者の選択肢をつくるのは公党として当然だ」と強調した。