北京冬季五輪シーズンのフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は12日、東京・国立代々木競技場で開幕する。11日に公式練習が行われ、日本勢は男子の宇野昌磨や女子の坂本花織らが氷の感触を確かめた。

 GP第1戦のスケートアメリカ2位の宇野はフリップ、ループ、サルコー、トーループと4種類の4回転ジャンプを着氷し「試合をこなすごとに成長できている実感を持てている」と自信をにじませた。

 スケートアメリカ4位の坂本はフリップ―トーループの2連続3回転などを確認し「GP2戦の結果が五輪選考にも含まれる。日本人の中で最上位で終わりたい」と話した。