東京都の黒沼靖副知事は11日、過度の疲労による入院から今月2日に退院した小池百合子知事の近況について「医師の判断に基づき、必要な限度でテレワークしている」と述べ、報告や指示で随時やりとりしていると明らかにした。都庁で報道陣に語った。

 新型コロナウイルス対策に関しては「国の動向を踏まえながら先手先手で都の対応ができるよう検討を進める指示があった」と話した。

 小池氏は10月27日に入院し、今月2日の退院後は登庁しておらず、11日に開かれた新型コロナのモニタリング会議はオンラインでの参加も見送った。黒沼氏は「現在は体調管理が最優先」と語った。