【グラスゴー共同】地球温暖化対策の共同宣言を発表した米中両国の特使が10日、英グラスゴーの国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の会場で個別に記者会見し、米中協力の重要性を強調した。近く開かれる米中首脳のオンライン会談に向け、融和姿勢を見せた。

 中国の解振華・気候変動問題担当特使は、温室効果ガスの2大排出国の米中は「特別な責任と義務を負っている」とし、対策をリードしていく必要性があると述べた。

 米国のケリー大統領特使は共同宣言を「COP26の成功を支援する」ものと位置付け、米中の立場に違いがあるものの「温暖化問題で協力できる」と指摘した。