「夏の終り」「かの子撩乱」など愛と人間の業を見詰めた小説や人々の心に寄り添う法話で知られ、文化勲章を受章した作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが9日午前6時3分、心不全のため京都市内の病院で死去。99歳。徳島市出身。葬儀は近親者で行う。後日、東京都内でお別れの会を開く。

 2人の男性の間で揺れる女性の心理を描いた私小説的作品「夏の終り」で63年に女流文学賞を受賞し文学的地位を確立。流行作家として娯楽色の強い作品を量産。

 73年、岩手県の中尊寺で得度し、寂聴を法名に。

 2006年の文化勲章受章後も創作意欲は衰えず、世阿弥を描いた07年の「秘花」がベストセラーに。