11日午前3時ごろ、北海道三笠市本町の道道で「道路が陥没している」と通行人から110番があった。道によると、穴は長さ約10メートル、幅約5メートル、深さ約7メートル。乗用車1台が転落し、乗っていた男女3人が軽傷を負った。

 道警によると、3人は20代の男女、10代の女性とみられ、胸や腰などの痛みを訴えている。警察官が現場に到着した際、男性は車外、女性2人は車内におり、その後救出された。

 道によると、JR岩見沢駅から約10キロ北東の山林や民家が点在する地域の片側1車線の緩いカーブ。10日夜のパトロールでは異常がなかった。地質の専門家を派遣して原因を調査する。