【上海共同】中国で「独身の日」と呼ばれる11日、電子商取引(EC)最大手アリババグループが通販サイトで毎年恒例の値引きセールを行った。歴代最多の29万ブランドが参加。過去最高だった昨年を上回る取引額が見込まれるが、習近平指導部がIT大手への締め付けを強化する中、例年のお祭り感は薄まった。

 アリババは現地時間11日午前0時(日本時間同午前1時)から特売を開始。1~3日の先行セールでは、日本の化粧品が特に好調で、日本産ウイスキーも人気だという。一方、昨年のようなメディアを集めた大規模イベントは行わなかった。取引額も公表しない可能性がある。