【モスクワ共同】ベラルーシ西部のポーランド国境に欧州連合(EU)入域を図る多数の難民が集結している問題で、ドイツのメルケル首相は10日、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、解決に向けた仲介を要請した。ポーランド政府は10日、難民の一部が流入したことを受け、ベラルーシとの国境封鎖を検討していると明らかにした。ロシアメディアなどが伝えた。

 ロシア大統領府は10日、プーチン氏がメルケル氏に、EU加盟国とベラルーシ側との協議を呼び掛けたと発表。ベラルーシに強い影響力を持つロシアが関与することで、難民問題について何らかの解決が図られる可能性が出てきた。