【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)司法裁判所の一般裁判所(ルクセンブルク)は10日、米IT大手グーグルが自社の商品価格比較サービスを優遇して公正な競争を妨げたとして、同社に約24億2千万ユーロ(約3160億円)の制裁金を科したEU欧州委員会の決定を支持し、取り消しを求めたグーグル側の訴えを退けた。

 裁判所は、インターネット検索市場で圧倒的なシェアを誇るグーグルが支配的地位を乱用したと認定。巨大IT企業の影響力抑制を狙う欧州委の動きを後押しする形となった。

 グーグルに大きな打撃となるが、欧州メディアによると、グーグル側は上級審に上訴することができる。