プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は10日、セ、パ両リーグのファイナルステージ(6試合制)が開幕し、パは25年ぶりに優勝したオリックスがレギュラーシーズン2位のロッテを1―0で下し、セはリーグ王者のヤクルトが3位から勝ち上がった巨人を4―0で破った。ともにリーグ優勝による1勝のアドバンテージを加えて2勝とした。

 オリックスは山本が4安打で完封し、一回にT―岡田の適時打で挙げた1点を守り切った。

 ヤクルトは一回にサンタナの2ランなどで3点を先制。七回に塩見の適時二塁打で1点を加えた。2年目の奥川が6安打で完封した。