オリックスの山本が無四球で10三振を奪い、4安打完封。一回にT―岡田の適時打で挙げた1点を守り切った。一、二回は先頭打者の出塁を許すも後続を難なく断ち、四回2死三塁は山口を緩急自在に攻め、見逃し三振。五回以降は完璧に抑えた。

 ロッテは序盤に不安定さを残した山本を崩せず。二回無死一塁からの三振併殺も痛かった。