首相官邸記者クラブ「内閣記者会」は10日、官邸で開かれる岸田文雄首相や松野博一官房長官らの記者会見について、新型コロナウイルスの感染対策として導入されている参加人数などの制限を解除するよう要請した。官邸側は「感染防止対策は危機管理の観点から極めて重要だ」と回答し、応じなかった。

 官邸会見室の記者席は約130席あったが、昨年4月の緊急事態宣言発令を機に29席に縮小。記者会は、新規感染者数が減少して大規模イベントの1万人の観客上限が解除されている現状を踏まえ、コロナ前に戻すべきだと求めた。