スポーツ用品大手3社の2021年9月中間連結決算が10日、出そろった。新型コロナウイルス禍の影響が前年同期よりも和らぎ、純損益はゴールドウインが黒字幅を拡大し、デサントは黒字に転換した。ミズノは会計基準の変更で前年同期比は公表していないが、「事実上の増収増益」(水野明人社長)。屋外でのスポーツ用品の販売が好調だった。

 ミズノは売上高が850億円、純利益は42億円。デサントの売上高は前年同期比16・4%増の499億円。純損益は24億円の黒字(前年同期は12億円の赤字)。ゴールドウインは、売上高が21・1%増の382億円、純利益は約4・2倍の26億円だった。