「ビッグボス」が将来のエース候補に目を見張った。日本ハムの新庄剛志監督が10日、沖縄県国頭村で行われている秋季キャンプの視察最終日に3年目の吉田輝星投手の投球練習をチェックし「めっちゃ速い。俺が現役の時に打てない」と高く評価した。

 メイン球場で実戦形式の練習を確認した後、ブルペンに足を運び1人で投げ込む吉田をじっくり見た。持ち味とする直球やフォークボールの切れの良さにうなずき「来年から頑張ろう」と声をかけた。

 吉田は1年目に初登板勝利を挙げたが、その後は勝利がなく今季は1試合の登板にとどまった。「一年間、1軍の戦力になって優勝できれば」と闘志を燃やした。