京阪電鉄の電車を撮影するため大阪市内の線路内に立ち入ったとして、大阪府警は10日までに、鉄道営業法違反の疑いで、東京都の無職少年(19)を家裁送致した。9日付。府警によると、少年は「撮り鉄」と呼ばれる鉄道ファンで、「他の撮り鉄に負けたくなかった。良い写真が撮りたかった」と容疑を認めている。

 送致容疑は、4月1日午後3時10分ごろ、大阪市旭区の京阪本線森小路駅のホームから線路内に入った疑い。

 府警によると、少年は線路内で試運転中の電車をスマートフォンで撮影。電車が急停車したことに気が付くと、ホームに上がり逃げた。けが人はおらず、一部の電車に遅れが生じた。