旅行会社の業界団体「日本旅行業協会」の会長が代表取締役を務める旅行会社が、雇用調整助成金を不正に受給した疑いがあることが10日、分かった。労働局からの調査を受け、事実関係を調べる第三者委員会を10月に設置した。

 この会社はワールド航空サービス(東京都千代田区)で、代表取締役会長の菊間潤吾氏が日本旅行業協会の会長を務めている。同社の担当者は「労働局から助成金に関する調査を受けている」と話した。

 菊間氏は日本旅行業協会の前会長が在職中に死去したことに伴い、7月に後任に就いたばかりだった。